主要ないくつかの成分 その1

「マグネシウム」は疲労回復に重要な成分であり、運動不足や寝不足により不足してしまうようです。

野菜、魚、大豆などに含まれ、比較的摂取しやすそうです。

不足してしまうと痙攣したり、めまいがおきたりするので、不足しないようにする必要があります。

 

「カルシウム」はご存知の通り、骨や歯の構成にとって重要な成分です。ストレスを解消する作用もあるため、効果的に摂取すると良い効果があると言えます。摂り過ぎは逆効果であるとも言われています。

ビタミンDと一緒に摂取することで効率よく吸収することが可能なようです。

 

「葉酸」は妊娠の初期段階に摂るのが良いとも言われているらしく、体の様々な反応に関わる重要な成分と位置づけられています。

心臓発作やガンを予防するため、重要です。

豆類やほうれん草などに多く含まれているそうです。

 

「ナイアシン」は別名ニコチン酸と呼ばれ、糖質と脂質の代謝を助ける働きがあります。

体内に存在するビタミンの中で最も多く、体に必要なエネルギーのうち半分以上はナイアシンによって生成されると言われています。

血行を良くする作用があり、心筋梗塞を再発しないように防止するための効能や悪玉コレステロールを減らす作用もあるといい、肉や野菜、豆類など、多くの食材に含まれているため、摂取しやすい成分だと言えます。

ただし、過剰摂取の危険性は当然あるので注意が必要です。

 

「鉄分」は血液に含まれるヘモグロビンを作る働きがあり、貧血や風邪を予防し、免疫力を高める効果もあるそうです。

中でも「ヘム鉄」は吸収しやすく、肉類に多く含まれるそうです。

 

「コンドロイチン」や「ヒアルロン酸」は関節の症状に効き、また老化を抑制する作用もあるようなので、高齢犬にとって大切な成分であると言えます。