主要ないくつかの成分 その2

「イソフラボン」は女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンと同じような働きをすると言われており、骨や歯を強くし、ガンを予防する作用もあるそうです。

また、女性ホルモンが過剰に作用する時に、それを抑える働きもあるようです。

 

「亜鉛」には免疫力を高める作用があり、傷を治すために細胞を作ったり、体の中に入り込んだ異物に対する免疫細胞を作ることもあります。

そのため、体を治したり、新しい細胞を必要とする成長期や妊娠中には亜鉛が必要となることがあります。

過剰摂取をすると逆に免疫力が低下する場合があるため、気をつけましょう。

 

「キチン」はカニなどの甲殻類の甲羅に含まれる動物性の食物繊維であり、「キトサン」はそれを化学処理したもの。水にも酸にも溶けないと言われていますが、分子を小さく開発されたものは水溶性のものもあると言います。

体内から毒素を排出する働きがあり、ダイオキシンを排泄する効果も期待されているようです。

 

「グルコサミン」は、キチンと同じく甲殻類の甲羅に含まれています。軟骨を作り、様々な関節症に対する助けになるようです。

痩せ過ぎや虚弱体質に対する効果も期待されており、肥満が原因で起こる腰痛や関節炎などに対しても、口からグルコサミンを摂取することで改善が期待されます。

 

「アントシアニン」は目の問題に対する効果が期待される成分です。ブルーベリーに含まれるようで、眼精疲労を改善し、そのまま体全体の調子を良くしてくれるようです。クロロゲン酸は生活習慣病の改善に期待され、血管の問題を良くしてくれるそうです。

 

「ビタミンU」は、厳密にはビタミンではないと言われていますが、働きとしてはビタミンと同様であるようです。内臓の状態を良くします。