体の内外の寄生虫対策

体の外側に寄生するノミやダニを寄せ付けない強い皮膚を作るためにも、サプリメントは有効です。

健康維持やストレス緩和にも役立つ「マグネシウム」、アレルギー性皮膚炎にも効果が見込める「海洋深層水」、細胞を生成し免疫力を高める「亜鉛」など、有効成分はいくつもあります。

また、サプリメントではありませんが、ヒバエキスが含有されたシャンプーなども皮膚病に効くとされています。

ヒノキチオール成分という、ヒバエキスに含まれる成分は、抗菌作用や細胞活性、そして抗ダニの作用もあり、また、効果が長期持続するとも言われています。

 

体の外側だけでなく、もちろん内側にも寄生虫は付いてしまいます。愛犬の食欲が旺盛になると、飼い主は嬉しいかもしれませんが、このとき、食べても食べても太らずに体型が変わらないままの場合、お腹に寄生虫がいる可能性があります。

もちろん、下痢や嘔吐といったわかりやすい症状が出る場合もあります。夏場は特に注意しましょう。

もし寄生虫がいることがわかったら、早めに寄生虫駆除用の薬を飲むなどの対策を打ってください。

予防として、「クエン酸」「プロテイン」で免疫を高めるのも有効だそうです。

「キチン・キトサン」という、毒素を吸着して体外に排出することができる成分もあります。体質に合わない場合もあるらしいので注意しましょう。

 

寄生虫の予防に有効な方法は、まず免疫力を高めることでしょう。

他の病気も予防することができ、健康にもなるので、まずは免疫力を高めることを目指すといいかもしれません。

「パントテン酸」は化学物質の多くに対して解毒作用があると言われ、また自律神経の働きを良くする作用もあるので、有効であると思われます。